片岡 鶴太郎展 「還暦紅」に行ってみた!

2015年4月10日(金)

さて、昨日遅ればせながら・・・
片岡鶴太郎展「還暦紅」に行ってきました。

けっこう長い期間の開催なので、いつでも行けると油断してました。
気づいたら今週末までで、慌てて行った次第です

主人を誘ったのですが・・・
ジミー大西派だというので1人で鑑賞してきました。

画像
              みやざきアートセンターで開催中

画像
                 エレベーターで5階へGO!

平日のお昼でしたが、たくさんの方が来場されてました。
残念だったのは、15000人目の来場者になれなかったこと

この日、ちょうど15000人目の来場者の方に
記念品のプレゼントされているニュースあり。

画像
                   写真OKのパネル

館内は、写真撮影NGなので・・・
HPよりお借りした画像で、お気に入りをご紹介!

すぐに、ドーンと金屏風に描かれたような金魚がお出迎え。
今回の「還暦紅」展のポスターにある金魚ちゃんたちです。

画像
                  こちらは「遊魚」という作品

いまにも動き出しそうな、躍動感のある絵で
今回は、作品とともに動いている映像も流れ、インパクト大!

制作されている様子がビデオで紹介がありましたが
金魚ちゃんたちを、一つ一つ丁寧に筆で描かれていました。

ちなみに、私が鶴太郎さんの絵と
初めて出会ったのは約18年くらい前。
理屈抜きで、なぜか心惹かれます

画像
                  鯛の画が最初の出会い

もちろん、片岡鶴太郎さんの芸人時代はよく知っています。
マッチのモノマネなど、よくしてましたね~

俳優さんとしても、味のある演技をされますが
画のセンスの良さに、ビックリしました!

繊細と粗々しさが混在していて
また、色使いが素敵です。

画像
                   美味しそうな「さより」

画像
                   鳥さんも可愛いらしい

画像
                   インパクトあるゴリラ

いろんなものを描かれてますが
私は人物像より、動物や魚の画が好きです

全体的に見て思うのは・・・
キレイな色使いが多いということ。

ペールトーンの明るい色彩が多く
見ていて、なんだかHAPPYになる感じ

画像
                    「こぼれ椿」

この作品は昨年の、還暦を迎えられた2014年の作品。
20年前の椿との出会いが、画を始めるきっかけとなったそう。

この作品は油絵なのですが
鶴太郎さんは、指で描かれていました。

私は高校生の頃、美術を選択してましたが、
油絵を描くのは、とても苦手でした

指で描く手法もあるとは驚き!
それで、ぼかしが入ったような幻想的な画となるのですね。

会場では、この他にも陶芸や着物の染付などの
作品展示もあり、その多芸な才能に驚き、感心します。

鶴太郎さんの還暦に際し、各芸能人の方々からの
御祝いの色紙や、作品の展示もありました。

私が一番驚いたのは、タモリさんからの書!
記憶が正しければ、「雲」と掛け軸に書いてあったと思うのですが・・・

とても、バランスのとれた堂々とした立派な書で
きっちり留め跳ねが書かれていて、几帳面さも伺えました。

タモリさんも、多才なお方。
ぜひ、鶴太郎さんの作品と合わせてお楽しみ下さいませ

最後に・・・
鶴太郎さんの個展らしい演出だなぁと思ったのはコチラ↓

画像
                自由に参加できる還暦体験!

画像
                 体験されてみてはいかが

今週末、4月12日(日)までなので
まだの方は、お急ぎくださ~い

【片岡 鶴太郎展 還暦紅】

住所:宮崎県宮崎市橘通西3-3-27
    みやざきアートセンター
期間:2015年3月7日(土)~4月12日(日)
時間:10時~18時
    ※土曜日のみ10時~20時
定休日:会期中無し
料金:一般 1000円 中高生 500円
    ※保護者同伴の小学生は無料


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス