2014 ウィーン5泊7日旅行③ ~往路機内 JAL編~

2014年6月6日(金)

今日の宮崎は、久しぶりに太陽が顔を出しました。
晴れではなかったものの、気温が上がり蒸し暑い1日でした。

明日は、梅雨の晴れ間となりそうなので
たまった洗濯物を、一気に干したいものです!

さて、今回もウィーン旅行の続きです。
日付を巻き戻して・・・スタートです。

~2014年5月25日(日)~

いよいよ機内に乗り込みます。
午前10:30分発、ヘルシンキのバンター空港へ向かいます。

画像
              JL0413便で何かと話題の?787機

画像
                  まずはヘルシンキへGO

画像
                 機内でのお楽しみはコレ!

画像
                  マンガも読めるとな

電子マンガは画期的だけど・・・
全巻揃っているわけでは、ないんだなぁ。

結局、往路便で見た映画は
・ゲノムハザード ある天才科学者の5日間
・アメリカン・ハッスル
・アナと雪の女王

アナと雪の女王は、映画館で観るのをおススメ。
迫力ある画像は、やっぱり映画館が一番です。

今回のボーイング787機の特色のひとつ、
窓が一回り大きくなり、電子シェード機能搭載。

画像
                丸いボタンを押して調節します

画像
                一番オフシェードにした状態

機内の照明もLED。
シーンに合わせて色を変えているそう。

季節でも変えていて、春は桜でピンク色。
ちなみに、今は夏バージョンのBLUE SKYで青色。

画像
                 写真だとわかりにくいかな

画像
            前方のビジネスクラスは天井も色が違う

映画の次に楽しみなのは・・・もちろん、お食事
昨年はなかった、JAL赤で統一された器やトレイ。

画像
                   ゆず胡椒味チキンと・・・

画像
               ビーフストロガノフだったかしら?

以前は、メニュー表があったのですが・・・
覚えてなくて、スミマセン

楽しみにしている食事なのですが
上空では、胃が変になっているようで、
いつも全部は、食べられません

画像
              でも、アイスクリームは別腹で完食!

画像
                到着前に、お馴染みAIRモス

画像
             自分で作るのですが・・・イマイチの出来

今回、初めてボーイング787機に搭乗しました。
過去に色々あっただけに、ちょっとドキドキしました
結果、心配無用で快適な空の旅でした。

ここで、ボーイング787機とは・・・
アメリカのボーイング社が開発・製造する次世代中型ジェット旅客機。
(wikipediaより)

機体の1/3以上は日本製で、従来より軽く燃費もいいそう。
その為、大型機並みの飛行距離があるとのこと。

ANAは国内でも飛んでいますが、JALでは、海外のみ。
どの路線に活用するかは、経営戦略の違いかしら?

ボーイング787機に乗った感想は・・・
他の機種と、あんまり変わらないかなぁ。

プレミアムエコノミーの設定がある777機の方が、私は好み。
パンフで見る限り、ビジネスクラスも777機の方が断然いい!

エンジン音も軽減されているとは聞きましたが
期待していたほど、軽減はされてない気がしました

ちなみに主人の感想は、耳の詰りもなく
耳栓なくても、眠れるエンジン音だったそう。
敏感な方には、わかるのかも

湿度管理は、しっかりされているようで
静電気で髪がペタッとなることはありませんでした。

特筆すべきはトイレかな。
ウォッシュレットではなかったものの(ビジネスクラスはあり)
空間が広くて、手洗いなどタッチレスのセンサー機能でハイテク仕様

画像
                フタを閉めると自動で流れました

ウォッシュレットの、全クラス完備と
フタの開閉も自動だと、より有難いです

次回は、乗継空港のヘルシンキのヴァンター空港と
ヘルシンキからウィーンに飛んだフィンエアの様子をお伝えしま~す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い