温泉旅行 「日奈久温泉」 到着編~熊本県八代市日奈久~

2013年8月5日(月)

真夏日を更新していた宮崎ですが
昨日は雨も降り、少し暑さが落ち着いてきた?今日この頃。

しばらくぶりです~
毎日の暑い日々に負け、ダラダラと過ごしておりました

先日、プチ夏休みを頂いたので
熊本県の日奈久温泉に行ってきました。

前回までのニューヨーク旅行とは一転・・・
今回は、レトロな日本情緒たっぷりの温泉レポートです。

今回、なぜ日奈久温泉をチョイスしたかというと・・・
宮崎市内から、1泊2日で車の運転に負担のない距離で
歩いて回れるような、見どころがある温泉街だということ。

午前10時くらいに家を出発!
高速は使わず、地道で日奈久温泉を目指しました。

画像
                   小林市から見る霧島

画像
              霧島連山を見ながら、えびのを通過し・・・

画像
               ループ橋を通り、球磨川沿いを下り・・・

球磨川では、急流下りの船や
ラフティングを楽しんでる姿が見えて涼しそうでした

画像
                  田んぼの緑も清々しい

画像
               スムーズに日奈久温泉に到着!

途中、人吉でランチタイムを1時間くらいとり
日奈久温泉には、午後2時過ぎに到着しました。

宿のチェックインが午後3時からだったので
車を宿に駐車させてもらい、街の散策に出かけました。

画像
                 まずは歴史ある「金波楼」へ

明治43年創業の老舗の宿で、
国の有形文化財に登録されています。

画像
                   風格のある木造3階建て

す、すみませ~ん
デジカメのバッテリーがきれてしまいました

ここからは携帯の写真となります。
サイズが小さく、見にくくて申し訳ありません!

画像
                  「金波楼」の趣のある玄関

画像
              元祖ゆるきゃら?「おきんじょちゃん」

画像
                玄関先のレトロで可愛いタイル

画像
                  山頭火ゆかりの地でもあり
                      
画像
                    「温泉神社」へGO!

ちなみに「温泉神社」とは・・・
1409年、浜田六郎左衛門が父の刀傷を癒そうと祈り
神様のお告げを受けて温泉を発見した伝説が残る神社。

画像
              けっこう急な階段いまだ筋肉痛・・・

画像
              肥薩オレンジ鉄道の線路の上を渡り・・・

画像
                   まだまだ階段は続く・・・

画像
             相撲観戦の桟敷席もあり、またも階段

画像
                   日奈久の街が一望!

画像
                   お参りさせて頂きました!

日奈久温泉は、熊本県内でも歴史が古く600年。
その昔は、とっても賑わった温泉地だったそう。

繁栄の名残も垣間見られる
路地裏散策は、実に面白い!

昭和を知る私にとっては
まるでタイムスリップしたかのよう。
まだまだ、散策は次回へと続きます・・・







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス