2013 石垣島・竹富島2泊3日旅行 ~星のや 竹富島2日目編~

2013年3月9日(土)

今日の宮崎は、予報通り暖かい1日でした。
強い風も、心地よく感じるくらい。

公園の桜の蕾も、ふくらんでいました。
このまま、春爛漫に突入して欲しいですね。

今回も石垣島・竹富島の続きです。
星のや 竹富島2日めのリポートです。

~2013年3月1日(金)~

星のや 竹富島の朝は、鳥の声で目覚めるという
まさに、理想的な朝の目覚めでした~

今日もいいお天気
空気も清々しく、お腹がすいてきました。

画像
               朝食会場の集いの館ダイニングへ

画像
                   和食と洋食があり

画像
                  島のフレッシュジュース

画像
                   お替り自由です

画像
                  私は洋食をチョイス

画像
                  主人は和食をチョイス

画像
               食後のコーヒーでお腹いっぱいに!

味はフツーでしたがヘルシーな朝ごはんでした。
ちなみにお値段は3500円(税込・10%サービス料別)なり。
昨夜の夕食よりハイなお値段でビックリ

実は、お腹がいっぱいになった訳がありまして・・・
「じゅーしーかまぼこ」を、朝食前に食べちゃったこと。

画像
             石垣島の船のターミナルの売店でGET!

画像
                    裏面はこんな感じ

昨日、夜食として購入しましたが、お腹いっぱいで食べられず・・・。
消費期限が当日だったので、慌てて食べたのでした

ちなみに「じゅーしーかまぼこ」とは・・・
沖縄の炊き込みご飯のジューシーを
おにぎりにしてかまぼこで包んだ石垣島名物。

製造元の金城かまぼこのHPはこちら↓
http://www.kanbukuya.com/

画像
                   ノーマルバージョン

画像
                カレー味のブラックじゅーしー

ブラックじゅーしーの黒い色は、イカ墨の色だそう。
個人的には、ブラックじゅーしーの方が好きかな。
1個でも、かなりボリュームがあり、食べ応え充分です。

チェックアウトが12時なので、腹ごなしの運動がてら
星の砂で有名なカイジ浜までサイクリングに行きました。

レンタルサイクルを借りにフロントに行ってみると・・・

画像
               フロント前に、レレレのお兄さん

そういえば、フロント前にかかわらず、
路地や庭の白砂にはキレイな掃け目がありました。

集落の方々が、毎朝路地をほうきで
掃き浄める習慣と同じなんですね。

画像
                レンタルサイクルはフリーです

画像
            2種類ありましたが、こちらのタイプをチョイス       

画像
                 オフロードっぽい近道

画像
                  ハイビスカスが満開

画像
                  色鮮やかなブーゲンビリア

画像
               星の砂のカイジ浜に20分くらいで到着!

画像
                     青い海がチラリ・・・

画像
                   これぞ竹富島の海~ 

画像
                   海が透明でキレイ

画像
        砂浜に手を押し付けると、ひとつぶ手にくっついてました
                      (わかるかな~

画像
                こちらはもっとわかりやすい

画像
                   撮影スポットもあり

画像
              星の砂を売っているお姉さんたち

星の砂のキーホルダーやビン詰めを売っています。
甥っ子たちのお土産に、星の砂のビン詰めを買いました。

ビン詰めは1個200円だったのですが・・・
那覇で、とっても安くで売っていて、ちょっぴりショックでした

画像
              カイジ浜の太陽光を搭載したエコトイレ 

画像
                  エコトイレの管理猫

約1時間のサイクリングでした。
風が心地よく気持ちよかったのですが、日差しが強かった~!

日影がないので、太陽ビームが容赦なく照らします。
念の為に持って行った、サングラスと帽子が大活躍でした。
真夏のサイクリングはキビシイかもです。

あっという間に楽しい1泊は終わってしまいました。
「星のや 竹富島」は全体的には、いいホテルだと思います。

伝統的な建築様式で、集落で過ごしているような錯覚もあり
また、どこか異空間にワープしたような不思議な非日常的な感覚のするホテル。

まだオープンして間もないので、赤瓦のしっくいや、石垣がまだ白く
庭の植栽なども細くて若い木で、今からの経年変化が楽しみでもあり。

ただ、ホスピタリティとしても経験が浅い感じで、今一歩と感じました。
若いスタッフさん方が頑張っているのですが、何かが足りない気がするのです。

集いの館の「ゆんたくラウンジ」などで、
スタッフさんが下を向いてる印象が強かったからかな?

漠然としていますが、足りないのは愛情?自信というか誇りかも。
なんだか、星のや 竹富島を愛してますか?と尋ねたくなりました。

あと宿泊代金について・・・
このクラスのホテルでしたら、オールインクルーシブでいいのでは・・・。
(オールインクルーシブとは、食事やアクティビティなど追加代金なしの設定)

今回は宿泊招待券で利用させて頂いて、とっても有難かったです。
なので、モニター宿泊として、あえて辛口評価させて頂きました。

画像
           この船に乗って竹富島を旅立ちま~す

次回は石垣島に1泊したリポートです。
まだまだ旅は続く・・・。