おすすめアクセントタイル♪

2011年4月20日(水)

今日の宮崎は、すっきりと晴れてます。
ただ、昨日からの寒さが、まだ続いてます。

昨日は冬に逆戻りしたような寒さ。
風も強かったので、体感温度は低かったです。
体調管理に気をつけなければです。

今日は、久しぶりにインテリア?のお話。
アクセントタイルのおすすめ商品のご紹介です。

名古屋モザイク工業の「AGPLUS」エージープラスです。
ALC粉末(リサイクル)と二酸化炭素から生まれた地球環境に優しい建材。

材料は、炭酸カルシウムとシリカゲルだそう。
調湿に加え銀イオン(AG+)を添加することで、消臭・抗菌にも効果あり。

エージープラスの性能として4つ。
 ・消臭力
 ・調湿性能
 ・抗菌・抗カビ性能
 ・VOC吸着力

詳しくは名古屋モザイクHPへ↓
http://www.nagoya-mosaic.co.jp/agplus/index.html

他に、同じ呼吸する内装壁材としてINAXの「エコカラット」ありますね。
ちなみに、エコカラットの性能としては3つ。
 ・調湿力
 ・ニオイ吸着力
 ・VOC吸着力

エコカラットは、粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成したもの。
エージープラスは、多孔質材料ですが焼成せず、化学反応で硬化させたもの。

エージープラスが名前通り、エージー(銀イオン)がプラスされてるので
エコカラットの性能に消臭・抗菌を加えた感じでしょうか。

確かに、ダイニングにエコカラットを採用されたお客様から
「カニ鍋」をした所、翌日にカニの臭いが気になったと聞いたことあります。

呼吸をしている素材なので、カニの臭いを吸って
翌日に臭いを吐いたようです。

それ以降、エコカラット採用のお客様には注意点をお話し
ダイニング以外での使用を、おすすめしてます。

しかしながら、エージープラスもエコカラットも
使用する面積によると思いますが、結露しにくくアレルギーの方には良い商品。

どちらかというと、性能で選ぶというより
質感などインテリア的要素で採用というケース多いですね。
付加価値として、機能性があるタイルというスタンスかな。

高価なタイルより、少~しコストも抑えられるところも
採用の大きなポイントでもあり。

さて、理屈はこれぐらいにして・・・。
私は初めて、エージープラス採用して見たのですが、なかなかGOOD!

画像
               玄関のアクセントタイルに♪

ちなみに使用したのはこちら↓

画像
            AG PLUS R-Type(AGP-70R-110)

一番、白い色です。
床や、玄関収納がダークな色でしたので
コントラストをつけ、モダンに仕上げました。

今回、名古屋モザイクのエージープラスを採用した理由は
エコカラットのデザインの中に、イメージにあうタイル柄がなかったから。

エコカラットも、毎年新柄出てますが、
イメージしていた大柄の割石っぽいものが、いまいちなく・・・。

大柄の割石柄「ロック」では、色むらあり過ぎるのと
もっと白くて、シャープな感じが欲しかったのです。
(INAXのラグナロックモデリッサのようなイメージ)
近いのは名古屋モザイクのエージープラスのR-Typeでした。

タイル全般に言えることですが
柄選ぶ前に、貼る面積もポイントです。

いくら柄がよくても、大きな面積には小さ過ぎたり。
小さい柄はポイント使いに効果的です。
タイルサイズは重要です。

んで、今後採用してみたいタイルはこちら↓
どこかで提案してみたいなぁ。

画像
             AG PLUS B-Type(AGO-B-116)


ただ、名古屋モザイクのエージープラスは柄がまだまだ少ないのと
見本帳が全柄統一の色見本のみは、選ぶ側として、ちと厳しい!
ショールーム近ければいいのですが・・・。

何かと不便で情報不足な宮崎・・・。
でも、インテリアに地方差があってはいけないと思うので
日々勉強?の毎日です!

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)