リビングライコン

2011年2月13日(日)

3連休は、けっこういい天気で良かったです♪
私は、お仕事ありましたが・・・。

只今、キャンプ真っ盛りで、たくさんの方々が見えてた模様。
特に、ソフトバンクのギャラリーすごいみたい。

色々あるなか来て頂き、感謝です。
宮崎市内は、お陰さまで宿泊施設は満杯だそう。

宮崎市内は、降灰の影響少なかったですが
この3日間、寒かったですね~。
県外から来た方は、寒くてびっくりしたかも。

さて、先日パナソニックの研修に参加してきました。
「リビングライコン」の説明会。

画像


パナソニックでは「Symphony Ligting」として
豊かなあかり空間を演出しながら、優れた省エネを実現するアイテムとして
「リビングライコン」の活用をすすめています。

現在、新築を建てる方の照明計画では
大半の方が、1室複数灯にされています。
実際、私が担当させて頂いた方の多くもそうです。

1室複数灯というのは、文字通り1つの部屋に複数の照明があること。
例えば、LDKでダイニングテーブルの上にペンダント照明や
リビングの照明とTV背面の間接照明、スタンドの照明あるような場合です。

1つの部屋でいくつものシーン分けが出来ます。
いわゆる間接照明などもそうですね。

昔は、1室1灯の照明計画が基本でした。
そうすると、消すか点けるかのON/OFFだけの空間になります。

リビングでTVを見やすくする照明や、子供たちを交えた団らんの照明。
また、夫婦2人だけのリラックスした照明など
シーン別に照明あると素敵ですよね。

シーン別に照明計画することで省エネにもつながり
生活に豊かさをプラスするという所で
1室複数灯が主流になってきてるところだと思います。

部屋が広く感じられるのも大きなメリットです。
照明って、確かにインテリアの大きな要素のひとつでもあります。
同じインテリアでも、照明の計画で何倍も素敵になったりするので、侮れません。

でも、照明が増えるとスイッチも当然増えます。
しかも、いちいちスイッチを切り替えるのも面倒・・・。

そこで便利なのが「リビングライコン」!
1台でシーン別の切り替えがボタン一つで出来て、
なおかつ、インテリアデザイン的にもGOOD♪

画像
               シルバー色。他にホワイト色あり。

確かに、1室複数灯の我が家では、壁にずらりとスイッチ並んでますね・・・。
すっきりさせたい所です。

さらに、調光することによって省エネになります。
最新の「リビングライコン」では、LED・蛍光灯・白熱灯の調光の出来る
5回路マルチ高機能調光タイプもあります。

他に調光機として、プロ仕様のルートロン社製の「ルートロン」有名ですが
価格が何十万とする高価なものです。
一般家庭用には、「リビングライコン」で充分かと思います。

詳しくはパナソニックのHPへ↓
http://denko.panasonic.biz/Ebox/lighting/control/living-lightcontrol/

研修でパナソニックさんから粋な計らいが・・・
「リビングライコン」の実物大のダミーを頂きました。

画像
               フタを開けたとこまで、そっくり

画像
           さらにフタを開けると・・・チロルチョコがぎっしり♪

一足早いバレンタインチョコ頂きました♪
パナソニックさん、ありがとう!
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0