羽田空港第2ターミナル 「UPPER DECK TOKYO」

2011年1月31日(月)

無事に昨日、条件付きのフライトでしたが
東京から戻ってきました。

今日の宮崎はピーカン♪
新燃岳は今のところ、おとなしくしているみたい。

けれど、溶岩ドームが大きくなってきていて
高原町では避難勧告が出されました。

宮崎を離れてた間に、何度も噴火していたようで
我が家のベランダのシンクにも灰が降った跡がありました。

そんな中、昨日、読売巨人軍の原監督など首脳陣が
明日から始まる春季キャンプの為、宮崎入りしました。

歓迎セレモニーで原監督は次のように抱負を語ってくれました。
「辛く悲しいニュースに心を痛めている。今年は《結束》をスローガンに
 キャンプスタートし、明るく笑って喜んでもらえるニュースを届けたい」と。

新燃岳の噴火の影響で2つの駅伝大会が中止になったり
キャンプを予定していたチームも何件か中止になりました。

そんな状況での原監督の言葉はありがたい!
原監督ありがとう♪

さて、東京のご報告です。
羽田空港で拡張された第2ターミナルと
去年新しくオープンした国際線ターミナルを見学しました。

第1ターミナルと第2ターミナルや国際線ターミナルビルには
無料シャトルバスで相互間行けます。

まずは、第2ターミナルビルの「UPPER DECK TOKYO」へ。
世界の260種類の名作椅子がズラリと揃っていて、
座り放題なのがGOOD!

画像
         カラフルなので目立つ「Nelson Marshmallow Sofa」

「BENT」やフィリップ・スタルクの「Mi Ming Armchair」も側にあり
目移りしちゃうほど、たくさんのデザイナーズチェア!

画像
            天童木工の「S-7165SG-ST 柏戸イス」

隣にはハビエル・マリスカルの「Piedras Poltroncina」
お向かいにはアイリーン・グレイの「Bibendum」あり、
座りたかったけど、先約ありで断念・・・。

画像
            カッシーナの「REVERS」曲線が美しい♪

遠くにピート・ヘイン・イークのベンチ「Scrapwood Bench」と
もっと遠くにマルセル・ワンダースのランプ「Set Up Shade」が見えます。

画像
         左はarperの「Leaf Art.1803」クッションいるかも。

右はmooiの「Clip chair」かな?
スラスラ名前がいえるのは実は虎の巻あり。

「UPPER DECK TOKYO JOURNAL」という
A3位の大きさのフリーペーパーに図鑑のように名作椅子の紹介あります。
ぜひ、手に入れてみて!

普段、カタログなどでしか目にしない名作椅子が
しかも、気軽に座れるなんて、デザイナー家具好きにはたまりません!

フードコートのようになっているので座って食事が出来、
座った感触を実感できるスペースでもあります。

他にもアートとして、千住 博さんの作品がいくつかあり、
「MOOON」を見たかったんですが時間なく見られなくて残念。

個人的に千住さんの「ウオーター フォール」シリーズ大好きです♪
確か、積水ホームテクノのバスコアで千住 博さんの
「滝バージョン」が出てましたね。

画像
              千住 博さんの「風の渓谷」

どうやら第2ターミナルはアートなおもてなしをコンセプトにしてるみたい。
日本の空港初のミュージアム「Dicovery Museum」もオープン。
細川家の至宝など所蔵する常設展示場です。
無料なのがいいですね。

こちらも、時間なくて見られなかったので
次回のお楽しみにしたいと思います。
国際線ターミナルの様子は、後日!乞うご期待!?














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い