温泉旅行2泊3日 3日目 「山鹿温泉」 ~熊本県 山鹿市~

2010年10月30日(土)

今朝も起きぬけに朝風呂へ。
外湯の方が、既に入ってました。
みなさん、早起きです。

画像
      ちょうど良い量の朝食でした。

今回の宿「よへほの宿」も、じゃらんポイント使い1泊2食で1万円以下。
コストパフォーマンスも良い宿です。

清潔感もあり、食事もGOOD!
ただ、難点は、温泉がぬるかったこと。
寒かった~。

チェックアウト後に「山鹿灯籠民芸館」へ。
なんと、朝8時から開いてます。
やっぱり、みなさん早起き!

画像
      大正時代の元銀行の山鹿灯籠民芸館。

入場料は210円。
案内の方が詳しく説明してくれます。

山鹿灯籠というと、女性の頭に金灯籠つけて
踊る姿しか知りませんでした。

山鹿灯籠は和紙と糊だけで作られた古くから伝わる伝統工芸品。
大宮神社への奉納のために作られ、伝えられたものだそうです。

単に、金灯籠のことだけではないんですね。
その、金灯籠を見学者に貸して頂き、頭に載せて撮影OK!

画像
 有名な金灯籠。灯りつきます。
    
画像
        金灯籠の、たくさんのパーツ。

画像
    別館で制作実演あり説明もしてくれます。

画像
     細かい作業で、クラクラします・・・。

画像
 昨日、見れなかった「八千代座」の山鹿灯籠。内部素敵♪

画像


画像


画像
     こんな所にもキティちゃんが!

画像
  「山鹿灯籠民芸館」近くに足湯がありました。

山鹿には、「八千代座」と並ぶシンボル「さくら湯」があったそうです。
江戸時代の絵図に記録がある古い温泉で、
明治以降は市民温泉として親しまれたそう。

老朽化に伴い、1973年に解体されたとのこと。
現在、市が往時の姿への再生計画し、総事業費約10億円だそうです。

「さくら湯」再生で1口1万円で
「一口湯主」という、おもしろい運動もしてます。
完成予定は、2012年。その頃に、また来てみたいですね。

山鹿に別れを告げ、植木ICから、えびのICまで高速に乗り、
えびのからは、国道を通り、帰路に着きました。

途中、ランチを小林市の「なかにし」で。
その模様も、ぐるめ編にて紹介しま~す。

今回の2泊3日嬉野・山鹿温泉旅行は、なかなか楽しめました。
どちらの温泉も泉質が良く、宿も清潔感あり食事も美味しかった♪

じゃらんのクチコミは、とても参考になります。
今度は、みなさんのお役にたてるよう正直にクチコミ投稿しなきゃ。

リフレッシュして、お仕事頑張れそう!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0